2014年07月

仙台空港に行ってみた!

久々に数日間まとまった休暇を取得できたので、リフレッシュをかねて仙台に向かう。
仙台は出張で1度訪れたことがあるだけで、市内をじっくりと見たことが無かった。

今回は、仙台エリアの交通機関が2日間乗り放題になる「仙台まるごとパス」を購入して、
市内各所を観光することにした。
「仙台まるごとパス」は空港アクセス線の利用もOKなので100万都市の空玄関、仙台空港に向かう。

仙台空港には仙台駅から20分くらいで到着。
以外と早い。
P1010743
仙台空港駅と仙台空港は直結しており、
改札を出て2〜3分歩くと2階の出発ロビーに到着する。

出発ロビーに到着してまず目につくのは国内線のチェックインカウンターである。
ANA、JAL、IBEX、AIR DO、peach各社のカウンターがあり、そこそこ賑わっていた。
行き先は名古屋、大阪、福岡、新千歳などで、夏季限定で那覇にもフライトがあるらしい。
夏場のリゾート路線。
良いですね。
P1010745
 そして更に奥に向かうと、国際線のチェックインカウンターがあった。
仙台空港にはアシアナ、ユナイテッド、 中国国際航空、ハワイアン、エバー航空が就航しており、出発の時間帯になると搭乗客がカウンターに列をなしていた。
IMG_0609
出発ロビー中央には、お土産屋などがあり、空港限定のお土産もあったので、
ここで仙台土産を買っても良いだろう。

3階は飲食店街であった。喫茶店から和食、洋食のレストランがあり、
さらに同じ階にはビジネス向けのラウンジもあった。
ここから飛行機を見ることもできるが、ガラス越しでやや物足りない。
IMG_0637
本格的に飛行機や景色を見るには屋上がよさそう。
迷わず屋上展望デッキに向かう。
屋上展望デッキには 3階から行くことができる。
改札機横の機械に100円(小学生以下は無料)を入れて屋上に向かう。
IMG_0613
屋上展望デッキ
やはり飛行機と景色を見るなら屋上が最高!
飛行機がよく見えるのはもちろんのこと、見渡す限りの仙台平野と太平洋。
風景を眺めていて気持ちが良い。

また空港と海が近いのがよく分かる。
3.11の大震災で仙台空港も被害に遭ったが、津波が空港まで押し寄せたのが実感できる。
IMG_0656
展望デッキで飛行機や景色を満喫した後、1階到着ロビーに向かう。
飛行機が到着するたびに乗客と出迎えの人たちで混み合っていた。
IMG_0620
震災の爪痕。
津波の高さは3メートルほどあったとのこと。
建物そのものは見事に復旧しているが、震災の爪痕を感じることができる。
IMG_0618
「仙台まるごとパス」で行けるということで何気なく向かった仙台空港であるが、
飛行機だけでなく仙台平野も堪能できて意外と楽しむことができた。

仙台空港は民営化の話が進んでおり、三菱商事やエアアジアと提携した楽天もこの案に手を挙げているとのこと。先々さらに充実した空港になることを確信した。

お台場のガンダム

東京テレポート駅から数分歩きダイバーシティ東京へ。

東京テレポート駅側のペデストリアンデッキはダイバーシティと直結してないので
いったんペデストリアンデッキを降りる必要あり。

台場駅側みたいに直結だと嬉しいんだけど。。。

店内の各ショップを見た後、屋外のガンダムを見る。

001

よく見ると、機体のあちこちに注意書きが書いてある。

002

 003

戦闘機のまねをして注意書きを入れているんだろうけど、
所々に「マニュアルを見ろ」とか書いてある。

今の時代のマニュアルは電子化が進んでiPadに格納されたりしているけど、
ガンダムの整備マニュアルは紙なんですかね。

ファーストガンダムの初回でアムロが紙の操作マニュアルを見て、
ガンダムの操縦に成功していたし。

青海食堂:お台場の業界人向け食堂

フジテレビ湾岸スタジオのそばに青海食堂という港湾労働者向けの食堂がある。
港湾労働者向けの食堂と言うことであるが、一般客の利用もOKなので入ってみる。
コンテナ埠頭が近いので、店の前の交差点には大型トラックがバンバン行き交っている。
業界人向け食堂ということで何だかわくわくする。

DSCF0397

入り口のメニューには、日替りメニュー4品と定番の定食2品が書いてあった。
今日は暑かったので「冷やし中華セット ミニチャーハン」を注文することに決定。
DSCF0396

店内に入ると、まずは冷や奴やサラダ、揚げ物などの単品料理が置いてあり、
それらを自由にチョイスできるようになっていた。
これら単品料理は作り置きだが、店内の電子レンジで自由に温めることができるようだ。

トレーを取り先に進むと即座に店員さんから注文を聞かれた。
迷わずに冷やし中華セットを注文すると、
ほとんど待たずに冷やし中華とミニチャーハンが出てきた。
注文したセットをトレーに載せ、その場で会計を済ませた。

客層に関しては港湾関係だけで無く、普通のサラリーマンやタクシー運転手もいるようだ。

肝心の味に関しては社員食堂レベルであるが、冷やし中華もチャーハンも量が多い。
小食の人であれば食べきれないのでは無いだろうか。
サイドメニューであるはずのチャーハンは、ほぼ1人前に近い量がある。
半チャーハン位の量を予想していたので、良い意味で裏切られた感がある。
DSCF0393

完食して周りを見回すと、ほかの定食も結構なボリュームであった。
特にライスは小ぶりのおひつのような食器に入っていて、量としては大盛りと感じた。
500円台の定食もあるので、量を食べたい人にはお得な食堂では無いだろうか。

Amaoznライブリンク
スポンサードリング
  • ライブドアブログ