2015年07月

セブンイレブンのコーヒー 個性的な作り方

セブンイレブンのコーヒーをよく飲みます。

ホットでもアイスでもマシンに購入直後のカップにセットして
コーヒーが注ぎ終わってからミルクやガムシロップを入れてました。

そういう手順だと思ってました。

が、しかし、

先日、隣のマシンでアイスコーヒーを作り始めたおじさんが、最初に空のカップにミルクを2つ投入。その後、マシンにミルク投入済みのカップをセットしてコーヒーを淹れ始めました。

ミルクを先に入れるか、後に入れるかで味に違いはあるのでしょうか。
気になったので試してみました。

その結果

アイスでミルクを先入れ。そして混ぜなければミルク分濃厚なアイスコーヒーが作れました。
とは言ってもカップの下の方にあるミルクをストローで吸ってるからミルク分が濃いだけなんですけどね。混ぜてしまえば先でも後でも変わらないって感じですかね。

砂糖がすでに入っているカフェラテにもガムシロップを3つも入れる人がいたりして
同じマシンでコーヒーを作るにしても個性がでるものだなと思わず関心です。

セブンイレブンのコーヒー。

淹れ方一つでどこまで風味を変えることができるのでしょうか。 
 

パスポートの残存有効期間に気をつけよう

ANAマイレージでそこそこマイルが貯まったので特典ビジネスでシンガポールへ。

羽田空港に行きカウンターでパスポートを提示したところ、
「お客様。パスポートの残存期間が6ヶ月 未満なのでシンガポールに入国できません」
と 衝撃のお知らせを聞いてしまいました。
なんでもシンガポールに入国するにはパスポートの残存期間が6ヶ月以上 必要とのこと。

その時点でパスポートの有効期限は5ヶ月と3週間あったのですが、
シンガポールの入国審査は厳しく入国は限りなく無理ということ。
想定外の落とし穴に頭が真っ白になってしまいました。

仕方なくマイレージカウンターに電話して特典ビジネスはキャンセル。
燃油サーチャージ代は戻ってきましたが、
キャンセル手数料相当の3,000マイルと期限切れのマイレージが無くなってしまいました。

今更分かったことですが、国によって入国条件にパスポートの残存期間が設定されているので、有効期限内のパスポートでも1年前には更新した方が無難そうです。

 ※ちなみに外国人が日本に入国する場合、残存期間の設定は無く、
 帰国までに有効なパスポートであれば良いとこと。
Amaoznライブリンク
スポンサードリング
  • ライブドアブログ